特殊なパテを使用したアルミホイール修理方法をご紹介

アルミホイールに出来た「キズ」「カケ」「歪み」を綺麗に修理するリペアの技術。アルミホイール修理の専門店ホイールリペアは日本全国に施工店を展開していますので、店舗によって多少の違いはありますが、ここでは特殊なアルミパテを使用した修理方法をご紹介させて頂きたいと思います。

特殊なアルミパテを使用する場合は、研磨やサフェイサーだけではキズを補修できない深いキズの場合がほとんど。
まずは、キズの周辺をクリーニング。その後、鉄粉を除去し乾いてから研磨して補修箇所の表面を綺麗に整えていきます。
その後、アルコールなどを使用し脱脂処理を行ってから、アルミパテを埋め込んでいきます。ホイールリペアが使用するアルミパテは、アルミ溶接と同等の強度・軽さを保ちながら、キズを埋める事の出来る優れもの。アルミパテが硬化したら表面を削って整えて、その上から再塗装を施し、クリアでツヤ調整をして仕上げます。

キズを綺麗に修理してパッと見た目には、どこにキズがあったのか分らなくなるほど綺麗に仕上げるリペアの技術。是非一度お試しください。